予防運動療法研究会

研究会について

歯科のデンタルケアのように、人間ドッグの検査のように、身体の動かし方や骨格、歩き方などをメンテナンスします。

予防運動療法研究会は、平成24年12月1日に立ち上がりました。第1回予防運動療法認定コース〜概論・評価〜の開催日です。10名の先鋭が集まり、懇親会も全員参加で、熱く予防運動療法について語り合いました。

私たちは、まだ理学療法の世界でも少数派です。手術後、病気の発症後のリハビリテーションが理学療法の起源ですので、予防という方向への意識は依然高くはありません。しかし、後療法から始まった理学療法もこの世界の動向を無視する事は出来ません。

また、世界とは関係なくとも、自分にとって大切な人が病気になって病院にくるまで病院で待っている事は出来ません。少しでも早く、改善する方法を伝えられたら、病院に来るまでにならなくても良い人がいるかも知れません。私たちは、病院などで培った、医療の病気の知識を基礎に、より一般の方とのつながりを大切にし、早期発見、早期治療の原則と同じく、理学療法を予防医学に応用し、さらに発展させていきたいと思っています。

歯科のデンタルケアのように、人間ドックの検査のように、身体の動かし方、骨格の特長、歩き方など、私たちの専門的知識を多くの方の予防に寄与できるよう頑張って参ります。